格安スマホの月額の料金が大手3社と見比べてみて一段と安くなっているのは…。

格安SIMと呼ばれているものは、月毎の利用料が安く抑えられるので評価が高いので。利用料を低減できるというからには、それなりに理由があると思うかもしれませんが、通話だのデータ通信などの調子が悪い時があるというような現象も見られず本当に快適です。
SIMフリータブレットと呼ばれるものは、マッチするSIMカードに制限がないタブレットなのです。auやdocomoなどの通信事業者が提供しているSIMカードやMVNOが販売展開しているSIMカードが使用可能です。
SIMフリースマホを購入するときは、格安SIMカードの通信方式と周波数帯を確かめ、それにふさわしいものをチョイスしなければ、音声通話もデータ通信も完全にアウトです。
格安SIMだけ独自に契約して、「白ロム」をお一人で買い求めることは、ビギナーの方には面倒なので、心配な人は格安SIMがセットされた格安スマホをおすすめしたいと思います。
ずっと携帯電話を使っているが、スマホにしようかと検討しているという方や、スマホの料金をダウンさせたいという人にも、格安スマホはどれよりもおすすめの端末だと感じます。

格安スマホの月額の料金が大手3社と見比べてみて一段と安くなっているのは、高額スマホの無料通話とかの過大なサービスを中止し、最低限度の機能だけを付帯しているためだと言って間違いありません。
SIMフリータブレットでしたら、Wi-Fiが届かないちょっとした田舎でも、ストレスなく通信することも適います。バスの中や電車の中など、多様な場面でタブレットがスイスイと活躍してくれます。
SIMフリースマホというものは、SIMロックされた端末とは全く異なっており、世界戦略として売られる端末が大半なので、料金で見ても比較的割安ですが、見聞きしたことがない機種が大部分かもしれません。
昨今流通している携帯電話は、電話やメルアドなどの個人情報がSIMカードに留められます。このSIMカードを抜いてしまった状態の端末の事を、一般的に「白ロム」と言うのです。
格安SIMと言っているのは、利用料金が低く抑えられた通信サービス、又はそれを利用する時に不可欠なSIMカードのことになります。SIMカードにつきましては、電話利用のできる音声通話対応SIMとデータ通信専用SIMといった2種類がラインナップされています。

MNPだったら、携帯電話番号は昔のままだし、友達などに伝えて回ることも必要ありません。今では当たり前になったMNPを利用して、有益なスマホライフをエンジョイしていただければと思います。
大手キャリアと言いますのは、端末(スマホなど)と通信をセットで勧めることが多く、大方の人は、その状態で契約することが多々あります。そういう状況なので、MVNOに乗り換えた時、買い方の手順が違うことに驚くかもしれません。
格安SIMに人気が出てきて、有名家電販売店では大手キャリアのコーナーだけじゃなく、SIMフリー端末専用のコーナーが作られることが普通になり、必要な時にすぐに求めることができる環境になったわけです。
格安スマホの各販売会社は、キャッシュバックであるとかいろいろなサービスを用意するなど、特典を付けてライバル社のシェアを奪おうと考えているのです。
評価の高い格安スマホのシェア機能に関して比較をしさえすれば、自身に最適な格安SIMサービスに遭遇するかもしれませんが、各キャリアが実施しているサービスに関しても、把握しておくと何かとお得です。

毒入りフグが店頭に

大阪の激安スーパーの「スーパー玉出天神橋店」でフグが丸ごと売られていた。フグが毒があるため、調理や客への提供、販売には特別な許可が必要。
この丸ごとのフグは、毒抜きもされていない状態だったという。店頭に並んだフグは9800円で販売されようとしていた。
運よく客が購入することもなく、気が付いた従業員に撤去されて事なきを得た。
この仮に毒を取り去っていてもこのスーパーはフグの販売許可をとっていなかった。大阪市は行政処分を下す方針だ。
スーパーの魚にしては高いが、店頭にならんでいる限り購入者が出てもおかしくなかった。誰も買わなくて本当によかった。

家出中の少女を自宅に連れ込み誘拐

ツイッターで知り合った16歳の少女を1か月近く自宅に寝泊まりさせていたとして、36歳の男が逮捕されました。
未成年者誘拐の疑いで逮捕されたのは、東京・豊島区に住む自称・プログラマーの横田幸之介容疑者です。
警視庁によると、横田容疑者は、家出中の少女を「家においでよ」などと誘い、先月27日から25日間にわたり、自宅に連れ込んで誘拐した疑いが持たれています。
横田容疑者は、少女がツイッターに「お金がないので寝泊まりさせてくれる人いませんか」と書き込んでいるのをみて、誘い出したということで、今月19日に別の16歳の少女が、同じように横田容疑者の自宅に連れて行かれ、その後「気味が悪い」と交番に相談したことで発覚しました。
調べに対し、横田容疑者は「未成年だとは知らなかった」と容疑を一部否認しているということです。
ネットで簡単に知り合えてしまう、この時代…
女の子は特に、変な人に引っかからないようにしてほしです。

TDL、11月に新エリアオープン

東京ディズニーランドのウエスタンランドに新エリア「キャンプ・ウッドチャック」が11月22日にオープンすることが決定したそうだ。
ディズニーのコミックブックに登場した「ジュニア・ウッドチャック」シリーズの世界をテーマにした新エリアだという。アメリカ河沿いの大自然を背景にした、東京ディズニーランドでは2つ目となるキャラクターグリーティング施設「ウッドチャック・グリーティングトレイル」が登場するとのこと。ドナルドダックとデイジーダックが可愛らしいコスチュームを着て、ゲストを待っているそうだ。
また、飲食施設の「キャンプ・ウッドチャック・キッチン」も新設。屋内ダイニングエリアや見晴らしのいいテラス席を含む屋外席など約440席を持つレストランとなるとのこと。ワッフルで挟んだサンドや、焼いたマシュマロとチョコレートを使ったキャンプファイアで人気のデザート「スモア」をイメージしたデザートなどが用意されるそうだ。
「キャンプ・ウッドチャック」の近くには、新しい商品ワゴン「ハッピーキャンパーサプライ」も登場し、オリジナルグッズの販売も予定しているという。
「ジュニア・ウッドチャック」シリーズは、ドナルドダックの甥っ子ヒューイ、デューイ、ルーイたちが野外活動を通して自然を楽しむグループ「ジュニア・ウッドチャック・オブ・ザ・ワールド」のメンバーとなり、アメリカ原生地を舞台に楽しく活躍するディズニーのコミックブックだそうだ。
ディズニーランドでは長年親しまれたアトラクションが終了してしまったりとリニューアルが進められている。昔からあるアトラクションが終わってしまうのは寂しいが、新しいアトラクションに期待しよう。

登山客クマに襲われる

24日午前10時半すぎ、岩手県のある標高882メートルの仙人山で、登山客3人がクマに襲われたという。3人は重軽傷をおったが、意識はあり命に別状はない。
通報を受けた岩手県警北上署によると、襲われた3人は秋田市在住の60~70代の登山仲間だという。同日午前8時半ごろ、北上市和賀町仙人の登山口から山に入った。標高約700メートルにあたる登山道で、ツキノワグマの親子計2頭に遭遇。襲ってきたのは親とみられる成獣だった。3人は、クマに遭遇しないようクマ除けの鈴を鳴らしながら登山していたという。
北上市は、冬眠明けのこの時期は親子連れのクマが特に凶暴化するとして「早朝、夕方は注意が必要。複数でラジオなどで大きな音を出しながら入山してほしい」と呼びかけた。
クマもクマで子供を守ろうとしたのだろうし、鈴を鳴らしていても襲われるとは遭遇しないことを祈るしかない。

ピース又吉、2作目 「どう転んでも大丈夫」

人気お笑いコンビのピースの又吉直樹が4月19日、東京の神保町花月で落語家の桂文珍と2人でトークイベントを行いました。
芥川賞を受賞した処女作の「火花」に続く、作品が期待されるなか、本人は「周りの芸人が、2作目の本めっちゃ売れなかったら面白い」って言ってくれているので、僕はどう転んでも大丈夫です」と笑いと余裕を見せました。
現在の進捗状況については、「まだ半分もいっていないけど、これで作れるっていうところですかね」と確信がもてる段階まできている様子を明かしました。

ハチそっくりの新種の蛾を発見

ハチにそっくりな新種のガが2015年5月、国頭村で発見されていたそうだ。日本で初めて確認されたテイノタルシナ属のガで、発見した九州大学大学院1年の屋宜禎央さんらが「テイノタルシナ アウランティアカ」と命名した。全長約3センチ。今年3月7日、動物を進化などを扱う専門誌「ZooKeys」で発表したという。
ハチに擬態した近縁種は台湾や中国に分布しているそうだが、今回の新種はヤンバルだけに生息。沖縄本島のハチ特有の赤色をしているため、論文では地理的な影響を受けている可能性があると結論付けたという。屋宜さんは「今後も調査を進め、日本列島に生息する昆虫の多様性や起源を明らかにしていきたい」と説明した。
屋宜さんによると、一般的にガがハチに擬態するのは天敵の鳥から身を守るためだそうだ。鳥は毒針のあるハチを回避する習性があるという。
確かにどう見てもハチにしか見えない。近くを飛んでいたらびっくりしてしまいそうだ。

バス抜き打ち監査街頭でも実施

軽井沢のスキーバス転落事故をうけて、全国的にバス運行会社への管理体制や、運転士の待遇などの見直しが行われている。
スキーバス転落事故発生から早くも1ヶ月が経過した。夜行バス業界では都内で抜き打ち監査がおこなわれ、パーキングエリアなどでは運転士への声掛けが続いているという。
国土交通省は、貸し切りバス165台の街頭監査で、4割にのぼる66台で違反が見つかったことを公表し、業者に対する処分を厳格化する方針。小規模な業者ほど違反が多いことが発覚し、参入基準から見直すという。
国交省は、全国28カ所で抜き打ちの街頭監査を実施している。運行指示書の記載漏れ、車内表示などで違反が多く発見された。違反率が5割を超えたのは、バス保有台数20台以下の小規模業者だったという。
小さな業者だと、人手が足りず管理が甘くなり労働環境も過酷になるのだろう。きちんと取締って改善されることを願う。 

iPhone販売数、過去最低の伸び

アメリカ、アップルが1月26日に発表した、2015年10~12月期決算は、小幅な増収増益にとどまった。
これにより、成長鈍化傾向が鮮明となった。
売上高、純利益とも四半期ベースで過去最高を更新したものの、高成長をけん引してきたスマートフォン「iPhone」の販売台数は2007年の発売以来最低の伸びとなった。
2016年1~3月期には初の前年割れとなる見込みだ。全体の売上高も、13年ぶりに減少となった。
今後、巻き返しはできるのか、注目が集まる。

ボウイ死去、Yoshikiら追悼

英出身の歌手デヴィッド・ボウイが逝去した。現地の報道によれば死因はガンだそうだ。8日に69歳の誕生日を迎えたばかりだった。この急な報せに日本の音楽界にも衝撃が走った。X JAPANのYoshikiやGLAYのHISASHI、矢野顕子らミュージシャンは相次いでツイッターで追悼のメッセージを発信した。
X JAPANのYoshikiは「I’m shocked…you were my hero…」と率直な心境を英文でつづり、デヴィッド・ボウイとの2ショット写真を公開していた。
GLAYのHISASHIは「巨星墜つ」、清春は「デヴィッドボウイが。。」と短いコメントで衝撃の大きさを伝えた。矢野顕子は「息が止まった。。。」と驚きを伝え、横山健は「デビッド・ボウイ氏が亡くなった模様…。合掌。」と追悼をささげた。
多くのミュージシャンに影響を与えた人物なだけに、驚きやショックを隠せない声が相次いだ。
昨年12月28日にはモーターヘッドのフロントマン、”レミー”ことイアン・キルミスター氏が進行性のガンのため逝去している。奇しくもデヴィッド・ボウイと同様、同月24日に70歳の誕生日を迎えたばかりだった。
同時代のミュージックシーンを牽引してきた巨星の相次ぐ訃報に日本の音楽界も悲しみの輪を広げている。一つの時代が終わった、ということだろうか。時間の流れとは残酷なものだ。